みんなの薄毛改善体験談

みんなの薄毛改善体験談

 

おすすめは、自毛植毛ナビ

 

2017/04/28 11:31:28 |

薄毛改善のポイントは血行促進です

 

一部の薄毛の原因を除いて、薄毛を改善したいと思った場合は血行を促進するのが最も効果が高いです。

 

一部と言うのは、男性ホルモンが原因でのAGAや、頭皮トラブルが原因での薄毛です。それらは血行を促進してもあまり効果は期待出来ませんので注意して下さい。

 

それ以外が原因の薄毛でしたら最初に書いた通り血行を促進するのが薄毛改善に有効です。何故血行を促進すると薄毛が改善するかと言うと、毛根にきちんと必要な栄養素が送られるようになるからです。

 

血行不良による抜け毛や、髪の毛が細く弱々しくなってしまうというのは薄毛の原因としてとても多いんです。なのでそこを改善する事で薄毛から卒業出来る可能性はグッと高くなります。

 

血行を促進する方法ですが、大雑把に分けると三つの方法があります。一つ目は育毛剤の使用です。

 

ミノキシジルなどの血管拡張作用のある成分が配合されている育毛剤は、それを使う事で血行を良くする事が出来ます。

 

この効果は非常に大きなものですので、多くの人に効果があります。ただ、効果が大きなものは副作用がある場合が多いので、使用の際は注意して下さい。

 

二つ目は食事やサプリなどで体の内側から血管を拡張する方法です。唐辛子や生姜、月桂樹や山椒、柿の葉などには血管を拡張する成分が入っていると言われており、これらを食事やサプリで摂取する事で血管を広げ、血流を良くする事が出来ます。

 

食事やサプリにより血流を良くする方法の良いところは、アレルギー以外の心配が少ない事です。副作用を心配する必要は無く、過度に摂取しなければほとんどの人が安全に摂取する事が出来ます。

 

三つめは頭皮マッサージにより頭皮に刺激を与えて血管を拡張させる方法です。

 

昔から薄毛の人が良くやっている方法で、劇的な効果はありませんが、やるのとやらないのでは大違いです。

 

方法としては、ブラシなどで叩くというのをイメージする人が多いと思いますが、揉むのが一番オススメです。叩くのは頭皮を傷つける危険があり、頭皮が傷つけば乾燥しやすくなり別の抜け毛の原因を作ってしまうからです。頭皮全体を優しく指の腹で揉んであげる、これがベストな方法です。

 

どの方法も即効性があるわけではありませんので、気長にやるのがポイントです。半年、一年くらいは続けて下さい。

 

また、三つのどれか一つしか出来ないという事ではありません。ですので、可能であれば三つ同時に行うのが良いです。

 

単純に効果が三倍になるという事はありませんが、単独で行うよりも大きな効果を得る事が出来ます。

 

2017/04/22 11:31:22 |

薄毛とスキンへッドとカツラと増毛と育毛について

 

薄毛で悩んでいるというと、思い切ってスキンヘッドにしちゃいなよなんて簡単にいう人がいます。

 

もしくは、モヒカンみたいに一部の髪の毛の多い部分だけ残すことができる、特徴的な髪形にしたら良いよという人もいます。

 

たしかに、毛髪規定が緩い職場で働いていたり、スキンヘッドやモヒカンが似合う顔立ちの方ならそれを検討しても良いでしょう。

 

しかし、多くの日系企業に勤める会社員には、スキンヘッドもモヒカンも許されません。

 

そして、多くの30代以降の日本人男性にはスキンヘッドもモヒカンもに合わないと思うのです。

 

地髪を生かす髪型が難しいとなると、かつらでもかぶってみようかなとなるのですが、

 

かつらは本当に難しいと思います。

 

デスクワークの事務系社員でも、通勤時には常に突風などを気にしなければならないでしょう。

 

しかも、僕はかつらをカラスに奪われるという漫画のような、コントのような場面を目撃したことがあるのです。あれは早朝の繁華街だったので、みんな疲れていたのもありますが、周りでは笑い声一つ上がらず、実にシュールな場面でした。

 

かつらが意外と高額商品というのを知った時は、もう一度ショックを受けました。

 

残る増毛ですが、これは地毛とほとんど区別がつかず、すぐにふさふさになれるのが素晴らしい点です。

 

以前ナインティーナインの岡村さんが100万円分増毛をしていたのを見たことがあります。

 

素晴らしくふさふさでしたが、メンテナンス代を含めると100万円では2〜3回分の増毛代にしかならないのではという印象でした。

 

そうなると薄毛で悩む人の本命は、やはり育毛ですよね。なんといっても自然ですし、地毛なのではずれたりする心配もありません。

 

メンテナンス費も増毛ほどはかかりません。

 

しかし、いくら育毛が自然なものだとは言っても、すでに薄毛が気になっている人は、何もしないでいてはどんどん薄毛になるということを忘れないで欲しいのです。

 

育毛にも多少はお金がかかるのです。しかし、他の薄毛対策よりも地味ですが、人それぞれですが効果があるのも確かだと思います。

 

まず薄毛対策がたくさんあって良く分からないという方もいると思いますが、人の数だけ育毛法があるので、自分にあった育毛法を探す手間をかける必要があります。

 

それが面倒な人は育毛メソッドに通うなどしても良いのですが、基本は己を良く見て最善の方法を見つけるにつきるのです。

 

人の真似をするのも大切ですが、真似する人が自分と全くタイプが違ったのでは効果は出にくいのです。

 

薄毛の原因がストレスなのか、不規則な生活なのか、はたまた遺伝なのか。

 

それを見極めるのが大切です。ちなみに遺伝的要素で諦める人が多いですが、その多くは生活習慣の類似によるものなので、

 

自分と似たタイプで育毛に成功している人を参考にするのがお勧めです。

 

2017/04/19 11:34:19 |

タイで植毛手術を受ける前に知っておくべき事

タイで植毛手術を受ける前に知っておくべき事

 

薄毛に悩んでいいろいろと育毛剤をなどを使用したみたけど、なかなか思うように効果が出ない人もいます。そんな人には最終手段としてかつらを選択するのも一つの方法ですが、植毛を検討する人もいます。ですが、この植毛は海外で受けるのはリスクを伴います。

 

ここではタイで植毛手術を受ける前に知っておくべき事について解説します。

 

外国で自毛植毛が増えている背景

 

海外で自毛植毛受ける人が増えている理由は料金が安いからです。ですが、それ以外には特に利点はありません。むしろ料金が安いだけで後は不安の方が多いのです。まずは、海を渡る必要がある事から、施術を受けるだけでも大変な労力が必要になる事です。

 

それにアフターケアがない事があります。

 

言葉の壁がある

 

タイですから日本語の意思疎通が難しいのは当然の事です。旅行で行くのなら片言の英語でもどうにかなります。しかし、自毛植毛手術においてはそれでは不安な要素が強いです。

 

病院に行く事になりますが、そこで専門用語なども特に伝わりにくいですし、向こうの説明もしっかりと把握できるのかも難しい問題です。言葉が通じないとトラブルが起きる可能性が高まる事もあります。

 

言葉がしっかりと通じない時には料金の問題などでトラブルになるリスクも高いと言えるでしょう。それに自分が希望する量の髪の毛を植毛してくれなかったりする事も考えられます。仮にトラブルが起こった時に日本に帰国してから気づいたとしても、再度タイへ行く必要があります。

 

問題が起きてもアフターケアを受けられない

 

これは一番問題でしょう。植毛してもトラブルが無いとは言えません。毛が抜けてしまったり頭皮トラブルが起きる人もいます。このようなトラブルが起きた時に日本で病院に相談しても、当然お金を払い治療する事になります。

 

それにタイに再度行くのは大変な事。中にはタイでも保証サービスを展開しているクリニックもありますのでそのような所を探すべきです。

 

医師のレベルの見極めが難しい部分がある

 

口コミやホームページが充実している日本においては比較的優良な医師を探しやすい部分があります。ですが、タイで植毛手術を受けてきた人の口コミなどは多くはありません。タイでの自毛植毛の方法はFUTと呼ばれるメスを使い頭皮を切り、髪の毛を定着させる方法です。

 

これはやはりしっかりと技術がないといけません。医師が技術不足なら当然、失敗のリスクが高くなります。日本のクリニックと違いタイのクリニックの評判を知る事が難しいのです。

 

薄毛で悩んだ時には植毛が一つの選択肢です。しかし、料金が安いという理由でタイで受けるにもリスクが多い事は忘れてはいけません。リスクと料金を天秤にかけてそれでも施術を受けるのかよくよく検討してみる必要があると言えるのです。

 

2017/04/19 11:31:19 |

女性の抜け毛の原因はホルモン ホルモン補充療法とは?

 

薄毛に悩むのは男性ばかりではありません。今の時代は女性だって禿げに悩んでいるのです。ここでは女性の薄毛を改善できるホルモン補充療法について知りましょう。

 

ホルモン補充療法

 

ホルモン補充療法と言うのは本来は更年期障害治療の一つです。更年期障害の症状は女性ホルモンの分泌量が減る事も関係しています。年をとれば女性ホルモンの量は減っていきますから、女性ホルモンを補充する事で更年期障害の症状を弱くするのです。

 

でも、ホルモン補充療法は薄毛治療にも使われています。それはなぜでしょうか。

 

ホルモンバランスと抜け毛

 

女性の抜け毛の原因は何でしょうか。その一つが年齢を重ねた事で女性ホルモンの分泌量が減る事が関係します。それにホルモンバランスが乱れる事も考えられます。このような状態に対してホルモン補充をする事で、体内に女性ホルモンを補う事ができれば、抜け毛の改善に繋がる事を期待できるのです。

 

ですが、今の段階においては、ホルモン補充療法が女性の薄毛を改善できるという臨床実験やデータがありません。したがって薄毛を治療する目的でのホルモン補充療法はまだそれほど普及はしていません。

 

薄毛改善が目的なら保険は適用でない

 

今のところはホルモン補充療法が保険適用になるのは、更年期障害の治療においてです。薄毛の改善を目的にしたければ、保険の適用外ですからもしも一定の期間ホルモン補充療法を受けたいのなら、それなりの費用が必要になる事を覚悟しないといけません。

 

抜け毛対策以外の効果

 

ホルモン補充療法でホルモン補充する事で得られる効果は肌のシワやたるみの改善などもあります。老化現象で起こる美容上の衰えを改善できるのです。

 

副作用はあるのか

 

ホルモン補充療法によって抜け毛を改善する効果を期待できます。しかし、この療法によって起こる副作用は無いのでしょうか。実は血栓やホルモン産生腫瘍を発症するリスクを負う事にはなります。

 

これが起こる理由はホルモン補充療法で使用されるホルモンが合成ホルモンである事が関係していると言われています。合成ホルモンの場合には体内で異質な代謝物に変わり副作用を起こす原因になります。

 

しかし、ナチュラルホルモンを使う補充療法ならこのような副作用の心配はないとされています。ですからもしも薄毛を改善する目的で補充ホルモンを受けたいのならナチュラルホルモンを補充してくれる所を探しましょう。

 

女性だって薄毛に悩む時代。特に女性の抜け毛が年々深刻化しています。ホルモン補充療法を試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

 

2017/04/16 11:31:16 |

育毛ドリンクをプラスして髪の毛を元気にしよう

 

薄毛になるといろいろと悩みが増えますね。上から頭を見られる事が嫌になったり、女性に接するのが嫌になったり。そこで薄毛改善をしたいところですが、育毛効果があるドリンクをここでは紹介します。

 

身近なドリンク牛乳

 

牛乳は思春期の時には背を伸ばしたいからと一生懸命摂るのに大人になってから飲まなくなる人もいます。でも実は牛乳は髪の毛の成長にいい成分が含まれています。タンパク質やビタミンBです。髪の毛の原料になるのはタンパク質です。

 

髪の毛を育てるためにはたんぱく質が必要になるのは当然の事です。それからビタミンBも髪の毛の生成に必要になる栄養分です。髪の毛の成長に大事な2つの成分を含む牛乳は実は、立派な育毛ドリンクと言えるのです。

 

どくだみ茶も有効

 

どくだみはわりと馴染みのある植物かもしれません。田舎の方ではよく生えています。実はどくだみ茶は漢方の一つしても市販されています。どくだみはたくさんの薬効があります。髪の毛にも効果もがあります。
ドクダミに含まれる成分で髪の毛を育てる上で有効に働くのはクエルシトリンです。この成分は毛細血管を強くする事に加えて血流の改善、新陳代謝の活性化などいろいろな効果を期待できます。どくだみ茶を飲めばこれらの効果によって頭皮の血流が活発になり、育毛が促進されます。

 

BUBUKAドリンクの効果

 

このドリンクは育毛剤でよく知られているBUBUKAから出ているドリンクの事です。髪の毛にマイナスな貴金属を体外へ排出する作用と、育毛効果に繋がる亜鉛がたくさん含まれています。

 

育毛を阻害する成分を排出して育毛成分を体内に取り込む事で髪の毛を育てていきます。

 

きな粉ドリンクで育毛する

 

きな粉は育毛に有効な成分を含みます。きな粉の中には大豆イソフラボンが入っています。この大豆イソフラボンの働きの中には男性ホルモンを抑制する事も含まれています。男性ホルモンは男性の抜け毛に大きく関わる原因になるので、きな粉ドリンクは抜け毛予防に有効なのです。

 

緑茶を飲む習慣をつける

 

緑茶を飲む習慣はありますか?若い人ではあまり緑茶を習慣的に飲む人はいないかもしれません。緑茶の代表的な成分と言えばカテキンです。このカテキンには頭皮の血行を良くする働きがあり育毛に有効とされています。

 

しかも緑茶は飲むだけではなくて、頭皮にかけても育毛効果を期待できると考えられています。薄毛に悩んで少しでも進行を遅らせたい、髪の毛を元気に育てたいなら、育毛ドリンクも生活にプラスしてみましょう。

 

きっと髪の毛が元気になる事でしょう。

 

2017/04/13 14:58:13 |

妻に育毛を勧められ始めましたが、もっと早くに始めればよかったです

 

僕の父親は薄毛でした。僕の記憶の中には薄毛の父親しかいません。昔の写真を見ても薄毛です。そんな父親をみて育った僕は、将来自分も薄毛になるんだろうと覚悟を決めていました。

 

元々額の左右が広く(いわゆるM字額)、髪の毛を伸ばして少し隠しているような髪型でした。

 

大学生の頃からさらに薄くなり始めました。髪の毛が細くなりだしたのです。髪の毛が細くなると隙間ができるため、額の部分が透けて見えるので更に薄毛感が増したのです。

 

僕は遺伝だからと諦めて、なにもしませんでした。

 

いや、諦めきれていないのに、やっているということを知られるのが恥ずかしかったから、なにもできなかったのです。

 

面倒なのもありました。大学が終わり就職をしてからは、新入社員として仕事に追われる日々でした。平日は毎日10・11時に家に帰り、週末も土曜日は半日から1日は仕事をしていました。

 

日曜日は次の1週間に備えて、寝ているだけの日々でした。そんな中で恥ずかしさを抑えて、育毛剤を買ったりそれを毎日塗布するのは正直面倒でした。

 

時にはボウズにして、隠しながらも「薄毛なんて気にしてない」感を出したりもしました。

 

30歳を過ぎたころ、薄毛の進行は停滞していました。

 

そんな時に今の妻と出会いました。妻は「髪の毛が薄いことは減点材料ではないので気にしないが、多いなら多い方が若く見るからいい」と言って育毛を勧めてきました。

 

恥ずかしさと面倒臭さで育毛から目を背けていた僕もこの時に育毛を始める免罪符を得たのです。お願いされていることを面倒を理由にやらないことはできませんし、「妻(当時は彼女)が希望するから仕方がない」と思えたからです。

 

まず始めたのは、頭皮マッサージです。400円くらいのプラスチック製の剣山みたいのを買ってきて、頭皮をマッサージするのです。始めのころは痛かったものが段々と痛くなくなっていき、頭皮が柔らかくなっている実感はありました。

 

それをしているうちに、妻が育毛シャンプーとスプレー型の育毛剤を勧めてきました。少し高めですが、妻に「女性が使っているものはもっと高いのもあるし、おしゃれに気を遣う男性だってそのくらいの値段のものはあるよ」と言われました。

 

確かに、今まで薄毛対策もしていなければ、髪の毛にお金をかけるという考えもありませんでした。髪の毛が多い人は多い人で、それをおしゃれに維持するためにお金をかけているんだと気づきました。

 

次に始めたのは、内服薬です。医療関係に努める妻が調べてくれました。保険適用ではないため、こちらも安くはありませんでした。

 

飲み始めて数か月でかなりの効果が見られ始めました。今まで額だったM字の部分から薄毛が生え始め、1本1本が太くなってきました。会社の人からも「植えた?」と聞かれるほど。もちろん否定しましたが、頭皮マッサージだけとうそをついてしまいましたが。

 

しかし、この内服薬を飲み続けることはできませんでした。男性ホルモンに影響を及ぼすこの内服薬は、子供を作ろうとするときには飲めないのです。

 

妻と籍を入れ、妊活を開始する前に服用を中止しました。今も内服をやめた毛量は維持されていますが、妊活が終わればまた内服を始めたいと思います。

 

今となっては、もっと早くに育毛を始めておけばよかったと思います。

 

いや、せめて、髪の毛にいいシャンプーを使うとか、マッサージをするとか、育毛手前の活動だけでももっと早くにしておけばと。

 

諦め・面倒・恥ずかしい、言い訳はたくさんありましたが、早くから始めるメリットはそんな小さな心の葛藤以上だったことに気づきました。特に内服薬のように年齢や体調によって選択できなくなるものもあるのです。

 

もし自分の中に改善した気持ちが少しでもあるなら、一日でも早くに着手することをお勧めします。