薄毛とスキンへッドとカツラと増毛と育毛について

薄毛とスキンへッドとカツラと増毛と育毛について

薄毛とスキンへッドとカツラと増毛と育毛について

 

薄毛で悩んでいるというと、思い切ってスキンヘッドにしちゃいなよなんて簡単にいう人がいます。

 

もしくは、モヒカンみたいに一部の髪の毛の多い部分だけ残すことができる、特徴的な髪形にしたら良いよという人もいます。

 

たしかに、毛髪規定が緩い職場で働いていたり、スキンヘッドやモヒカンが似合う顔立ちの方ならそれを検討しても良いでしょう。

 

しかし、多くの日系企業に勤める会社員には、スキンヘッドもモヒカンも許されません。

 

そして、多くの30代以降の日本人男性にはスキンヘッドもモヒカンもに合わないと思うのです。

 

地髪を生かす髪型が難しいとなると、かつらでもかぶってみようかなとなるのですが、

 

かつらは本当に難しいと思います。

 

デスクワークの事務系社員でも、通勤時には常に突風などを気にしなければならないでしょう。

 

しかも、僕はかつらをカラスに奪われるという漫画のような、コントのような場面を目撃したことがあるのです。あれは早朝の繁華街だったので、みんな疲れていたのもありますが、周りでは笑い声一つ上がらず、実にシュールな場面でした。

 

かつらが意外と高額商品というのを知った時は、もう一度ショックを受けました。

 

残る増毛ですが、これは地毛とほとんど区別がつかず、すぐにふさふさになれるのが素晴らしい点です。

 

以前ナインティーナインの岡村さんが100万円分増毛をしていたのを見たことがあります。

 

素晴らしくふさふさでしたが、メンテナンス代を含めると100万円では2〜3回分の増毛代にしかならないのではという印象でした。

 

そうなると薄毛で悩む人の本命は、やはり育毛ですよね。なんといっても自然ですし、地毛なのではずれたりする心配もありません。

 

メンテナンス費も増毛ほどはかかりません。

 

しかし、いくら育毛が自然なものだとは言っても、すでに薄毛が気になっている人は、何もしないでいてはどんどん薄毛になるということを忘れないで欲しいのです。

 

育毛にも多少はお金がかかるのです。しかし、他の薄毛対策よりも地味ですが、人それぞれですが効果があるのも確かだと思います。

 

まず薄毛対策がたくさんあって良く分からないという方もいると思いますが、人の数だけ育毛法があるので、自分にあった育毛法を探す手間をかける必要があります。

 

それが面倒な人は育毛メソッドに通うなどしても良いのですが、基本は己を良く見て最善の方法を見つけるにつきるのです。

 

人の真似をするのも大切ですが、真似する人が自分と全くタイプが違ったのでは効果は出にくいのです。

 

薄毛の原因がストレスなのか、不規則な生活なのか、はたまた遺伝なのか。

 

それを見極めるのが大切です。ちなみに遺伝的要素で諦める人が多いですが、その多くは生活習慣の類似によるものなので、

 

自分と似たタイプで育毛に成功している人を参考にするのがお勧めです。