血行促進に勝る育毛剤なし!

血行促進に勝る育毛剤なし!

血行促進に勝る育毛剤なし!

 

薄毛の原因は、頭皮の血行不良による栄養分の供給不足です。

 

遺伝で薄毛になるというのは、頭皮の血行が悪くなりやすい遺伝子を受け継ぐ事で親が薄毛なら子供もという事なのです。

 

頭皮の柔らかい人よりも、頭皮の固い人の方が薄毛になりやすいという事も、頭皮の血行不良が薄毛を招くという事実の現れです。

 

毛髪が薄くなってくるのは、生え際か頭頂の部分ですが、後頭部や側頭部は首の太い血管に近いため栄養分の供給不足にならないのです。

 

頭頂部分は体の末端であり、体の末端の冷えを防ぐには3つの首の保温、首、手首、足首の保温が有効な手段とされている事からも解るように、頭頂部分の血行を良好に保つためには、首の血行を良好に保つ事が必要です。

 

人間の体は全体のバランスで成り立っているので、頭皮の血行だけを回復させても、その時だけという事になってしまいますが、まだ年齢が若く薄毛の初期であれば、頭皮の血行促進のみで効果が現れる事が期待できます。

 

シャンプーする時に、下から上に向かって指の腹でマッサージするように 揉みながら洗うだけです。

 

雑なシャンプーは男の性ですが、じっくりと揉みながら洗うだけで分け目が目立ってきた程度であれば、すぐに回復します。

 

ちなみに、下から上へ向かって揉みあらいするのは、髪は上から下に向かって生えているので、下から上へ揉み洗いする事で、効果的に頭皮や毛根の汚れや油を落とす事ができるからです。

 

揉み洗いと風呂上がり直後のドライヤーで、多くの若者が薄毛のピンチから逃れる事ができるはずです。

 

頭皮の血行促進のみでは効果が出ないという場合には、首の血行促進、さらには全体の血行促進が必要になってきます。

 

首の血行促進には、直接に首を揉む、首の回しすぎは、さらなる血行の悪化につながりかねませんから、肩甲骨のストレッチで首の血行を促すようにします。

 

さらに、首から上の色々な部分を触ってみると、必ず血行の悪くなっているところがありますから、額、こめかみ、顎の付け根、後頭部、などの凝っていて揉みほぐすと気持ちの良いところをマッサージする事も、頭皮の血行促進に有効です。

 

そして、全身の血行を良好にするためには、適度な運動が一番なのですが、手軽にできるものでオススメな物は、深い呼吸を心がけるという事です。

 

深い呼吸によってより多くの酸素を取り入れる事が出来れば、それだけで、全身の血行を促進する事ができます。

 

日常生活の中での呼吸は、自分が思っている以上に浅くなっている人が多いと思われます。

 

何かに集中している時は、ほぼ呼吸を止めていると言ってもいい程、呼吸の浅くなってい人もいるようです。

 

深い呼吸を日常的に行うようにするためには、まずは、息を吐ききるという事を意識するようにします。

 

肺の中の空気を吐ききる事で、より多くの新鮮な酸素を取り入れる事ができるのです。

 

深い呼吸を心がける事で、頭もスッキリして、疲れにくくなるので、血行促進の効果が実感できるはずです。